ホメオパシー療法

民間療法もホメオパシーの原則で理解できます。

二百年前にドイツの医師が原理を発見し、その後西洋やインドでの臨床によって、その効果が証明されました。その原理とは、「有る療法によって、元気な人が表す症状はクリニックでは似た病状だったら、その療法は効く」ということ。ホメオパシーでは、これを『同種法』と呼んでいます。実はこの原理は日本の民間療法にもつかわれています。たとえば、生姜は風邪の際によく用いられますが、ヒリヒリする生姜の辛みは、喉のヒリヒリする痛みを和らげる効果があるのです。生姜の味と喉の感じは似ているので、効きます。

医薬品の代わりに自然界の植物、鉱物、や動物から得られるごく微量な物質が、治癒力を高めることがわかりました。患者さんから病状だけでなく、 感じていること,ゆっくリお聞きしながら、適切な療法を見つけるのが特徴です。   

長持ちする治療効果があなたに合っているから、生かせます。

あなたの悩みに耳を傾けるのが私の最も重要な仕事です。あなたがご自分の治癒力を用いて、健康になるお手伝いが出来れば、とても嬉しく思います。

Leave a Comment

*